西村拓哉のwiki風プロフィール!知ってた?実はプロ注目選手!

関西ジャニーズJrでも大人気のアイドル西村拓哉さん

 

西村拓哉さんは運動神経が抜群で

関西ジャニーズJrの中でもダンスがキレキレだと評判です。

そこで今回は関西ジャニーズJrとして活躍されている

西村拓哉さんの経歴やwiki風プロフィールを調べてみました。

 

スポンサーリンク

西村拓哉さんの経歴・Wiki風プロフィール

Image

名前:西村拓哉(にしむらたくや)

生年月日:2003年4月19日

年齢:17歳

出身:大阪府

血液型:A型

所属グループ:Lil(リトル)かんさい/関西ジャニーズJr

西村拓哉さんの所属グループ『Lil(リトル)かんさい』とは

2019年1月に結成された若手5人組です。

 

Image

皆さん、可愛げがたっぷりありますね。

 

グループ名は恒例のジャニー北川社長の命名になります。

意味は結成当時、全員中学生だったことから

小さいという意味の「リトル」がつけられたと言われています。

 

メンバー詳細は以下にまとめました。

 

嶋崎斗亜さん・西村拓哉さん・大西風雅さん・岡崎彪太郎さん・當間琉巧さん 
皆さん、可愛げがたっぷりありますね。
併せて読みたい!!
他メンバーは下記リンクより紹介しています。

西村拓哉さんのジャニーズ入所きっかけとは

西村拓哉さんは2014年に入所されています。

『Lil(リトル)かんさい』センターの嶋崎斗亜さんより2年早く入所されていますね。

 

入所の履歴書は自分で事務所に送ったそうで、相当ジャニーズに憧れがあったのが伺えます。

 

その理由は

西村拓哉さんが4歳の頃に大ヒットドラマ「花より団子」の松本潤さん(道明寺司)を見て

憧れたそうです。

 

その後、すぐに嵐のファンになり、「Love so sweet」や「Monster」などを真似して

踊るようになっていたそうです。

 

もちろん今でも尊敬する先輩は松本潤さんだそうです。

西村拓哉さんのデビューは

自分で履歴書を送り、オーディションを無事合格した西村拓哉さんですが、

 

なんと初仕事(ジャニーズJrとしてのデビュー)は

2015年に開催された

嵐のコンサート「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism/京セラドーム大阪公演」

 

だそうです。

 

松本潤さんに憧れていた西村拓哉さんですので、相当嬉しかったでしょう。

西村拓哉さんの高校は仲良しグループ

高校は大阪にある私立 大阪学芸高校に進学しているそうです。

公に公表はされていませんが、インターネット上では在籍情報が多数上がっています。

 

見ての通り、グループのほとんどが同じ高校に通っていることになります。

 

そんな大阪学芸高校は多くの有名人を輩出している学校でも有名です。

 

その理由は芸能・スポーツコースと言われる「特技コース」があるからです。

主な大阪学芸高校の出身者はこちらです。

〈なにわ男子〉
大西流星さん・道枝駿佑さん・ 長尾謙杜さん
〈NMB48〉
梅山恋和さん

 

 

西村拓哉さんの運動神経は抜群!

西村拓哉さんですが、グループ切っての運動神経をされているそうです。

 

なんといってもサッカーや空手に関しては数々の成績を残されています。

サッカーでは大阪府ベスト8に進出。プロチームからもオファーあったとか。

空手は小5で黒帯を取得して、型の大会で全国2位となる。

もちろん学校行事のスポーツテストでは学年1位を獲得。

 

これだけ運動神経がよいよジャニーズ以外の道でも活躍されたかも知れないですね。

 

スポンサーリンク

西村拓哉さんの出演作品・雑誌

西村拓哉さんの出演作品をまとめてみました。

アイドルとして活躍する一方で俳優としても少し露出されています。

 

松本潤さんを目指すには演技力も大事になってきますね。

 

『年下彼氏』

2020年4月12日〜朝日放送で制作されたドラマです。

2020年 関西冬ウォーカー 表紙グラビア

関西で有名な旅行雑誌ですね。

なんと単体表紙デビューです。

 

ドラマへの出演経験もありビジュアルも雑誌の表紙を飾るほど。

運動神経も抜群でもはやブレイク必須ですね。

隙が全くありません。

 

今後、西村拓哉さんの魅力がどんどん引き出されていきそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

運動神経も抜群でアイドルになるべくしてなった西村拓哉さんを紹介しました。

西村拓哉さんからとにかくジャニーズが大好きなのが伝わってきました。

 

今後はグループの活躍の他にドラマ出演など露出がおおくなってきそうです。

 

憧れの松本潤さんのようにマルチに活躍されること間違い無いでしょう。

 

2020年も目が離せません。

 

タイトルとURLをコピーしました