ラグビー日本代表も夢じゃない!?ラグビー歴28年がラグビーの始め方を伝授!

2019年ラグビーW杯で初のベスト8入りを果たして

一躍話題となったラグビー日本代表。

メディアにも多く取り上げられて、ラグビーをやってみたい子供たちも

夢にみたいに急増中!!

関東近郊のラグビー教室は入会申込みがなんと、2倍になったところもあったそうです。

 

また中高校生・大学生・社会人の方もラグビーを初めてみたいと

思った方が多いのではないでしょうか。

 

そこでラグビー未経験でも大丈夫!!

ラグビー日本代表になるにはどうしたら良いのか解説したいと思います。

 

どのようにしてラグビー日本代表が選出されるのか?

また日本代表になるために必要なことは?

そもそも、どこでラグビーを始めたら良いのか?

 

ラグビー歴28年の経験をもとにまとめてみました。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表とは

そもそもラグビーの日本代表というのは

どのようなチームなのかを簡単に説明します。

愛称

チームの愛称は「ブレイブ・ブロッサムズ」

勇敢な桜たちという意味合いですね。

 

ラグビーファンの間では「ジャパン」と呼ばれており、

現役選手なども「ジャパン」と呼ぶことがほとんどで

あまり「ブレイブ・ブロッサムズ」と聞くことは少ないです。

特徴

メディアも多く取り上げていますが、外国人選手が多いのが特徴です。

 

なぜかというと

ラグビーのルーツはイギリス文化に大きく影響を受けているためです。

その多様性を大事にする文化がラグビーにも根付いており、

所属している国が母国とする考えがあります。

 

他競技に比べると違和感がありますが、

プレーしている選手にとっては何も問題ないことで、

ラグビー界のスタンダードとなっています。

 

私が現役でプレーしていた時も外国人選手と一緒にプレーしましたが、

彼らはとても日本人のことをリスペクトしており、助っ人といった感覚ではなく

チームメイトといった感じでした。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表はどうやって選ばれるの

ラグビーの日本代表も他競技と同じで

トップリーグというラグビーのリーグ戦(サッカーでいうJリーグ)から

選出されていくことがほとんどです。

結論・・・

まずはトップリーグ選手を目指すことが最短ルートとなります。

トップリーグ・トップチャレンジリーグとは

日本最高峰プロリーグになります。

現在は16チームが所属しています。

  • 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
  • サントリーサンゴリアス
  • ヤマハ発動機ジュビロ
  • トヨタ自動車ヴェルブリッツ
  • NTTコミュニケーションズシャイニングアークス
  • パナソニック ワイルドナイツ
  • クボタスピアーズ
  • リコーブラックラムズ
  • Honda HEAT
  • NECグリーンロケッツ
  • 東芝ブレイブルーパス
  • キャノンイーグルス
  • 宗像サニックスブルース
  • 日野レッドドルフィンズ
  • NTTドコモレッドハリケーンズ
  • 三菱重工相模原ダイナボアーズ

 

元々は社会人リーグがプロ化した大会で、全てのチーム名には企業名が入ってます。

 

最近ではサントリーなどの強豪チームが海外の有名選手のスカウトに

成功しているので、世界のラグビー界でも注目を集めているリーグになります。

 

また日本のトップリーグは海外ではリッチリーグと言われるほど、

報酬が高いことも有名です。

なので、海外選手は日本でプレーすることはステータスになるそうです。

 

最近ではW杯に合わせて日本人プロ選手(稲垣選手や山中選手)も多くなりました。

 

次にトップリーグの下部リーグとして

トップチャレンジリーグというリーグがあります。

 

こちらはトップチャレンジリーグに所属している選手は

社会人として働いた後に練習に参加することが多いです。

 

またトップチャレンジリーグなどの社会人企業チームになってしますと

どうしても日本代表のスタッフ陣の目に留めてもらうのが機会が減ってきますので、

不可能ではないですが厳しい道のりとなります。

 

なのでまず目指すところはトップリーグ選手ですね。

スポンサーリンク

ラグビーは未経験者大歓迎のスポーツ

ラグビーを始める方で多くの方は

「ルールがわからない。始めたいが、痛そうで怖い。」

と思っていると思います。

当然です。

痛そうですし、怖そうな選手が多いので・・・

全然、大丈夫です!!

安心してください。

ルールがわからない

ラグビーは元々、日本ではマイナースポーツなので、

未経験者が試合にいる場面が多くあります。

私の高校生の頃、違う部活動の人に助っ人をお願いして、

 

「とにかくボールを持ったらまっすぐ走って」笑

と一つだけルールを説明したのを覚えています。

 

というほど、ルールがわかっていなくても成立できるスポーツです。

※全員が初心者であれば、成立しないです。

痛そう・怪我しそう

有名なラグビー青春ドラマ〈スクールウォーズ〉のように

いきなり電柱にタックルを始めるようなチームや指導者は実際にはいないです。

むしろしっかりとしたラグビー協会の安全指導に基づき行われます。

また指導者になるにも資格が必要ですので、

素人が教えることができなくなっています。

スポンサーリンク

ラグビーはどこで始めれば良いの

0歳から中学生

日本ではほとんどがラグビースクールと言われる地域のラグビー教室が

メインとなっています。

関西圏などは中学の部活動でラグビーが盛んに活動されていますが、

地方になると少ないのが現状です。

 

まずはインターネットで「〇〇県 ラグビースクール」とお住まいの

都道府県で検索するとすぐに見つかるお思います。

 

また最近はトップリーグ所属の企業チームが母体でラグビースクールを

開設しているチームも多くなってきました。

(※Kubotaスピアーズ(千葉)やパナソニックワイルドナイツ(群馬)など)

グランド環境や優秀な指導者(現役選手が教えることも)など、メリットは多いです。

やはり一流の指導者に教えてもらうのに越したことはないので、

もし近くにトップリーグの所属チームがあれば、

ラグビースクールよりおすすめです。

高校生

やはり部活動が中心になります。

ラグビーには合同チームというのも多く存在しますので、

自分の通う高校になくても近くの高校に練習にいくことも難しくないと思います。

ただし、顧問の先生とよく相談した上で決めることになリます。

 

またクラブチームでも高校生歓迎だと思いますので、ぜひ参加してみてください。

大学生

大学生になるとサークル活動地域のラグビーチームになってくると思います。

 

大学によっては体育会の部活動もあると思いますが、スポーツ推薦などで強豪校から

入学してきている方が多いですが、意外と初心者でも歓迎してもらえることが多いです。

なので、諦めずに顧問の先生に相談するのもいいと思います。

 

私の大学も日本一にもなったことがあるチームでしたが、初心者も実際にいましたよ。

社会人

社会人の方には企業チームクラブチームがあります。

 

企業チームはチームの企業で働いてなくても、所属できることもあります。

ただし、企業チームだけあってほとんどが同企業で働いている方なので、

最初はアウェイ感はどうしても感じてしまうかもしれないです。

 

私のおすすめはクラブチームです。

なんといってもウェルカムな雰囲気があり、初心者の方にも優しく

所属年齢も20歳から60歳近くの方までいるので

生涯スポーツとして活動されています。

 

またクラブチームにも日本選手権があり、決勝なんかはTV放送(スカパー)もあるので

本格的にラグビーを楽しむこともできます。

主なクラブチーム
  • 北海道バーバリアンズ
  • 埼玉県ブルーソックス
  • タマリバクラブ
  • ツクバリアンズ
  • 千里馬クラブ
  • 六甲ファイティングブル
  • 岡山クラブ
スポンサーリンク

まとめ

意外にハードルが高くないのがラグビーです。

お子様にラグビーを始めさせようとしている方がいらっしゃったら

ラグビースクールは基礎からしっかりと教えてもらえますし、

親がラグビーを知らなくても、全然大丈夫です。

 

また日本代表になるには遅いなんてことは全くありません。

「ジャパン」には高校から始めた選手が本当に多いです。

 

なんと最年長代表選手の大野選手(昨年引退)なんかは

大学からラグビーを始めたそうです。

 

そしてなんといっても未経験者歓迎の雰囲気があります!

W杯で一躍有名スポーツになりましたが、まだまだ競技人口も少ないので、

ラグビー界は未経験者は大歓迎です。

 

本当に誰もが楽しめるスポーツがラグビーです。

 

この記事が少しでもラグビーを始めるきっかけになってくれたらいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました