Googleロゴが津田梅子の理由は?なぜ11月10日と話題に!

2020年11月10日のGoogle検索のロゴ画面が津田梅子さんになっていて話題なっていました。

この記事では津田梅子さんがGoogle検索のロゴ画面になった理由を解説します。

スポンサーリンク

Googleロゴが津田梅子がTwitterで話題に!

実際の【津田梅子さん】の話題となっている投稿はこちらです。

スポンサーリンク

Googleロゴが津田梅子の理由は?

その理由こちらになります。

1915年(大正4年)11月10日に勲六等宝冠章を受章しましたからです!!

スポンサーリンク

Googleロゴの津田梅子は新紙幣の人だった

話題の津田梅子さんは2024年からの新紙幣にも選ばれていました。

理由は津田塾大学の創設女性教育のパイオニアとのことです。

スポンサーリンク

Googleロゴになった津田梅子とは?

津田梅子さんの詳細を紹介します。

津田梅子は、津田仙(旧幕臣・東京府士族・下総佐倉藩出身)・初子夫妻の次女として、江戸の牛込南御徒町(現在の東京都新宿区南町)に生まれた。

父・仙は幕臣であったため、江戸幕府崩壊とともに職を失ったが、明治2年(1869年)に築地のホテル館へ勤めはじめ、津田家は一家で向島へ移った。

仙は西洋野菜の栽培なども手がけ、幼少時の梅子は手習いや踊などを学び、父の農園の手伝いもしている。

もっと詳しく知りたい方はこちら

もっと詳しく知りたい方はこちら
WIKIpediaより引用

なんとも素晴らしいお方です!!

私では到底敵いませんね。。。

スポンサーリンク

Googleロゴが津田梅子の理由は? まとめ

2020年11月10日のGoogleロゴが津田梅子の理由は

・1915年(大正4年)11月10日に勲六等宝冠章を受章しましたからです!!

・令和6年からは新紙幣にもなられる立派な方でした。

以上、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました